FCGIWRAP SPAWN-FCGI インストール

nginxのCGIとしてperlを使えるようにするには、fcgiwrap+spawn-fcgiを使う方法と、fcgi-perl+fastcgi-wrapper.plを使う方法があります。以下は、fcgiwrap+spawn-fcgiのインストールです。

 

>fcgi-devel のインストール
yum –enablerepo=epel install fcgi-devel

>fcgiwrapのダウンロード
# cd /usr/local/src/fcgiwrap
# wget -O fcgiwrap.tar.gz http://github.com/gnosek/fcgiwrap/tarball/master

>解凍
# tar xvf fcgiwrap.tar.gz

>移動
# cd gnosek-fcgiwrap-66e7b7d

>ビルドツールの確認
# autoreconf -i
# ./configure
# make
# make install

>spawn-fcgi のインストール
# yum –enablerepo=epel install spawn-fcgi

>/etc/sysconfig/spawn-fcgi ファイルの最後に1行追加します。
vi /etc/sysconfig/spawn-fcgi
以下1行追加
OPTIONS=”-u nginx -g nginx -a 127.0.0.1 -p 9000 -P /var/run/spawn-fcgi.pid — /usr/local/sbin/fcgiwrap”

>nginxの設定ファイル
cd /etc/nginx/conf.d
vi default.conf
# server セクション内の適当な位置に設定を追記
location ~ \.pl|cgi$ {
try_files $uri =404;
fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
fastcgi_index index.cgi;
fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
include fastcgi.conf;
}

>nginx再起動
# service nginx restart
>spawn-fcgiを自動起動の設定
# chkconfig spawn-fcgi on
>spawn-fcgiの起動
# service spawn-fcgi start

>perlでCGIを使う場合
# yum install perl-CGI
# yum –enablerepo=epel install perl-FCGI
※スクリプト内で「use CGI;」が利用可能

>perlのシンボリックリンク
# ln -s /usr/bin/perl /usr/local/bin/perl
ファイル1行目の記載が「#!/usr/bin/perl」、「#!/usr/local/bin/perl」どちらも動作可能

ap.tar.gz

「FCGIWRAP SPAWN-FCGI インストール」への1件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>